植物園整備「ライフィングリーン プロジェクト」 トップページへ

English

秘密の花園から(5)

HpHp_2
                            ヒヨドリが来ています。

Hp_3Hp_4
そういえば、沖縄ではメジロがたくさん来ていました。


秘密の花園から(4)

Hp_5Hp_6

PhotoHp_7


秘密の花園から(3)

100221Hphvernalis_2

秘密の花園から(2)

Hp_8Hp_9Hp_10Hp_11

リンク集

東京大学大学院理学系研究科附属植物園(小石川植物園)と日光分園(日光植物園

石川植物園の温室を救うライフィングリーン計画が、2010年4月15日の夜、TOKYO MX テレビのニュースに取り上げられました。

メンデルのブドウからできたメンデルのワイン

小石川植物園後援会

理学の宝物ニュートンのリンゴ

植物園に整備する5つの拠点

0_2


小石川植物園と日光植物園

「小石川植物園」と「日光植物園」は東京大学大学院理学系研究科附属植物園の本園と分園です。

研究者5名と大学院生が最先端の研究を行い、その結果を発表しています。植物の栽培技術レベルは極めて高く、絶滅危惧種の救済に大きく貢献しています。園内は一般にも公開され、小石川と日光の植物園で年間合計約15万人が入園します。中でも公開温室は、植物園の特徴が最も集約された施設といえます。

現存する日本最古の植物園「小石川植物園」
Photo_3徳川幕府の「御薬園」を原点とする近代植物学発祥の地。アジアを代表する植物園・標本室として海外からの来訪利用者や標本の借用依頼に対応しています。
・植物栽培:約4,000種
・標本保有:約60万点(日本一の質量を誇る東京大学所有植物標本の約半数)


寒冷地の植物を収集・研究する「日光植物園」
No恵まれた自然環境を活かし、フィールド研究や野外実習の拠点として利用されています。
・植物栽培:約2,000種

「Life in Green」プロジェクトとは

C

「Life in Green」プロジェクトとは「小石川植物園」と「日光植物園」を世界に誇る植物多様性の研究施設として整備し、社会に開かれた植物園へと発展させるプロジェクトです。

植物園が取り組む「植物多様性の研究」とは
20世紀、生物学は特定の生物にフォーカスした分子レベルの生命現象解明により、大きく発展しました。その成果を受けて、生命がどのように多様化し、様々な生物の営みを作り出しているかを追求するのが、21世紀の植物園の使命です。

環境保全事業に取り組む、世界の植物園
世界の有力な植物園は、植物政策の中核として、生物多様性の保全に関する体系的な研究や熱帯雨林の回復といった事業を担っています。日本も環境分野の技術で世界をリードする国として、その基礎となる植物多様性の研究と事業を推進すべきです。そのためには世界的レベルで、特にアジアのハブとして指導的役割を果たす植物園が必要です。

整備後は、多様性の時代をリードする植物園へ
■植物多様性の研究拠点
多様な野生植物を収集し利用できる植物園は、多様性の時代の生物学を支える基盤として、分子レベルの先端研究に対応した植物多様性の研究を推進することが期待されています。

■植物多様性の保全と持続的利用
絶滅に瀕する植物種の収集・増殖に取り組み、自然環境の保全と、未来に向けた「生物資源の持続可能な利用」を担います。また人間が生物多様性を構成する一部であること、そして自然とのバランスを保つ生活の必要性を啓発します。

D

続きを読む "「Life in Green」プロジェクトとは" ?

第1期 公開温室と付帯施設 建替え整備募金のお願い

C

ライフィングリーン計画の第1期として、緊急な温室の建て替えと、これに関連する栽培施設などの整備を、2012年末までに完了することを目指します。実現には多額の資金が必要ですが、たくさんの小さな木の実から芽生えた木がやがて大きくなって立派な森を作るように、一人でも多くの皆様のお力で夢を実現していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

10万円以上のご寄附をいただいた方は、新しい温室にて、銘板にお名前を記して末永く展示いたします。

D

小石川植物園の最も重要な栽培施設「公開温室」の建替えが必要です

C_2

小石川植物園の公開温室(面積約400㎡)は、木造から鉄骨への改築工事より既に45年が経過し、著しく老朽化しています。一刻も早い建替えが必要ですが、国家財政の悪化により予算の確保が困難です。皆様方に温室の重要性と緊急性をご理解いただき、募金によるお力添えを賜りますよう、心よりお願いいたします。

Onshitsu2_3

なぜ「温室」が重要な施設なのでしょう

絶滅危惧種など、貴重な植物資源を系統保存できます
熱帯・亜熱帯地域は、被子植物が最も多様で、系統も原始的であり、植物多様性のポイントとなる研究資源や、有用資源になる植物の多くが集中しています。しかし熱帯・亜熱帯地域の環境悪化が進んでいるため、研究のための現地調査と共に、温室で生植物を系統的に収集・保存することが必要です。

植物保全の重要性を、社会にアピールできます
これまでの調査・収集活動による他の施設にはない貴重なコレクションを維持し、有効活用・提供を可能にします。施設の安全性を高めバリアフリー化が進めば、温室を定常的に公開でき、より多くの方々に珍しい植物とその生態を観察していただけます。

D_3

続きを読む "小石川植物園の最も重要な栽培施設「公開温室」の建替えが必要です" ?